債務整理

 
● 特定調停とは
簡易裁判所に調停を申し立て、調停委員の下、債権者と交渉します。利息制限法により債務額を引き直して、将来の利息を免除してもらい、残った額を3年〜5年で返済していきます。

● 特定調停のメリット
・ 特定調停の申し立てを行えば、各債権者からの取立てが止まる。
・ 調停委員が交渉してくれるので、自分だけでも手続きを進めることができ、費用が安くすみます。

● 特定調停のデメリット
・ 相手方からの異議があると成立しません。
・ 調停調書は債務名義となるので支払いを怠ると強制執行される。
・ 信用情報機関(いわゆるブラックリスト)に登録されるので数年間は新たな借金やクレジットカードを作ることはできない。