不動産登記

 
  ● 相続時精算課税制度

 65歳以上(贈与した1月1日において)の親から20歳以上の子である推定相続人(子が亡くなっているときには20歳以上である孫)に財産を贈与した場合、2,500万円までは非課税となり、非課税枠を越える部分について税率20%をかけた金額が贈与税として課税されます。そして、贈与者が亡くなった後、贈与財産の価格を加算し、既に支払った贈与税額は相続税額から控除されます。

 <計算例>

  子が親から2年にわたり財産の贈与(1年目に1,800万円、2年目に1,500万円)を受け、1年目から相続時精算課税の適用を受ける場合    

 1年目の計算 1,800万円 − 1,800万円 = 0円  贈与税はかかりません。  
               (特別控除額)  

 2年目の計算 1,500万円 − 700万円 = 800万円  
               (特別控除額)  

  800万円×20%=160万円(贈与税額)

(ア) 適用要件等                                     
住宅取得等資金 特定同族株式等 左記以外
贈与者の年齢 制限なし 60歳以上
65才未満
65歳以上
受贈者の年齢 20歳以上 20歳以上 20歳以上
基礎控除額 2500万円 2500万円 2500万円
追加控除額 1000万円 500万円
税   額 (贈与財産
の価額―控除額)×20%
左 同 左 同